« февраля 2006 | Main | апреля 2006 »

カザフスタンのビジネスマン

カザフスタン共和国、アルマティ市にいる当社のパートナーから「ジャパン視察ツアー」を企画しましたのでお願いします。と連絡がきて、すぐに数人のパスポートが送られてきました。

オイル輸出国で裕福な国、投資家もたくさんいて、これからますます経済発展していく国。日本とビジネスやりたいカザフ人もたくさんいます。日本とネットワークをつくるにはまずは一度日本に行ってみなくては、ということでたくさんのビジネスマンが集まりそうです。

彼らの目的は多様ですが、少しでもお役に立てるようにビジネスマッチング事業に力を入れていきます。

中央アジアのお金持ちの国、カザフスタンとネットワークを持ちたい方はご連絡ください。投資家来日時にビジネスのコーディネイトいたします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

スポンサーはマフィア

数年前ですが、ロシア船でアンドレイおじさんと娘のナターシャが「にわか船員」で入港しました。スポンサー(マフィア)の義父と妻です。マフィア本人は来ませんでした。目的はもちろん中古車買いです。

「マーシャ、娘がマフィアと結婚したからワシは日本に来れたんだよ。ありがたいことじゃぁ~」とうれしそうに話してくれました。海外ははじめてだそうです。ソ連時代を生きてきた彼にとって、日本は不思議な国だったようです。かなりのカルチャーショックだったみたい。

この時期(たしか3日間くらい)はロシア船の入港は許可されていましたが、ロシア人の上陸は許可されませんでした。彼らは上陸できず、車も買えずカニだけ水揚げしてまたロシアの漁場に戻りました。

ナターシャは「なんのために日本に来たのよーーーー」と怒りハッキョウしていました。かれらとロシア船員のために、宅配ピザを取って船内でパーティーをしました。スポンサーには日本酒を振舞いました。アンドレイおじさんは初めて飲んだ日本酒が気に入ったようでした。

数日後、アンドレイおじさんとナターシャはまたカニを運んできました。今回は上陸して高級な中古車とたくさんの買い物をして満足してロシアに戻りました。

私が受け入れるロシア船の偉いところは、毎回スポンサーを探してくることです。今回はラッキーなことにひとりのスポンサーで2回も入港しました。    つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアマフィアのお話

昨日、「マフィア」という言葉を使ったら、結構反応があったのでまたまた書きます。といっても危ない話でも怖い話でもありません。

10年前にロシア船に乗ってきたマフィアは、服装もきちっとしているし、おとなしいし、軽犯罪も犯さなかった。

当時、日本の風習や文化を全く知らないロシア人船員たちは、こちらがビックリすることを平気で(悪気がなく)やっていた。ビールを飲みながら歩いたり、玄関先に置いてあった自転車を勝手に乗っていったり(捨ててあると思ったらしい)、レストランのフォークを持ち帰ったり、店先のリンゴをつまんだり、、、、

マフィアさんたちがそのような事をしたことはない、と思う。いつもスーツでかっこよく歩いていた。わからない事があれば、これ何?これどうやるの?と聞いてきた。いつも通訳してあげると通訳料まで渡されたこともある。スナックに行ってもアルコールをがぶ飲みしてぶっ倒れることもない。金払いは良かった。いつも「タクシー」と言って手を上げていた。

ちなみに、根室花咲港では日本人が手を上げてもタクシーは止まらないが(電話予約のみで流しのタクシーはいない)ロシア人が手を上げると必ず止まる。

マフィアと言っても、モスクワなどの大都会のマフィアではなく、サハリンや極東のちっちゃなマフィアだったと思う。本当にマフィアかどうかも定かではない。ロシア人船員はお金持ちのことをみんな「マフィアだ」と言っていたし・・・・     つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア船のマフィア

ここだけの話。日本の港に入港するロシア船にはロシアマフィアが乗船してくることがしばしばある。日本で悪いことをしようと来ているわけではなく、日本で中古車を買うために「にわか乗組員」になってやってくる。

ロシア船とロシアマフィアの間で取り交わされるビジネスがあるのです。

ロシア船がカニやウニ、海産物を日本に運ぶためには、出漁準備金が必要です。船を整備して燃料を入れて乗組員を雇い入れるお金です。出漁できれば、あとはカニを日本の港に運びお金が入るわけですから・・・

ロシアマフィアは、日本に行くためのお金はたくさんあるが、日本外務省からビザがおりない危険性がある。

ロシア船はマフィアから出漁準備金を借りて「にわか船員」にして日本に連れて行く。カニを売ったお金でマフィアに返す。マフィアは日本に行く為ならお金を払う、そのお金は日本の港に着いた時に返金されて、そのお金で日本車を買ってロシアに帰る。

「マーシャ、今回はスポンサー(マフィア)が乗っているからよろしくな」と言われる時は、一日中彼らの中古車探しの通訳でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアの教科書

06-03-26_19-46 1989年ソ連時代の小学校4年生の国語の教科書です。

最初のページにはモスクワの赤の広場、クレムリンの写真が載ってます。

四季の詩、歌、祝日のお祭りが簡単な単語で説明されているので、楽しく勉強できます。

250ページのボリュームある教科書です。こんなに勉強するんだ~、偉いな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアは夏時間

明日からロシアは夏時間になります。サハリン、極東地方とは時差が2時間です。

サハリンではまだ積雪があり、吹雪で空港閉鎖もあるのにもう「夏」なんですね~。サハリンの会社員は日本時間の夕方4時には仕事を終えて帰宅してしまうので、メールや電話での問い合わせは早めにしないと返事が来ないのです。気をつけます。。。

サハリンの吹雪のせいで、郵便物・EMSが大幅に遅配です。普段でも札幌ーサハリンまで約7-10日もかかるのに、最近はなんと14日もかかりました。配達状況をネットで確認できるのですが、モスクワに荷物が到着してからが遅い!サハリン空港が閉鎖で飛行機が飛ばないからです。

早く吹雪きのない「夏」になって欲しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

高校生が見た北方領土

北海道内から選ばれた高校生が制作した「北方領土問題啓発番組」のロシア語訳及びテロップ入れのお手伝いをしました。

北方領土問題についてほとんど知識や感心のない普通の高校生がプロジェクトチームをつくり、今後北方領土返還運動を担うであろう若い世代への啓発を目的として、実際にビザなし交流で四島を訪問し現地のロシア人と触れ合い、元島民の話を取材してできあがった作品です。

若い人達だけではなく、大人たちにも観ていただきたい作品です。北海道庁のHPからアクセスできます。ロシア語テロップは4月頃ですが、日本語版はすでに配信されています。

「その海の向こうに~私たちが録った北方四島」

北方領土の自然、景色、人々、高校生達の笑顔、元島民のお話、そして今後の問題・・・・

風化させてはいけない「北方領土問題」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア文化に親しむ会

ロシア文化に親しむ会の勉強会を開催しました。講師はグーリャさん。グーリャさんは4月上旬に帰国しますので今日が最後でした。会員のみなさんはグーリャさんへの感謝の気持ちをロシア語で伝えました。そして、いつかみんなで「グーリャさんに会いに行くツアー」を企画することを約束したのでしたーーー。それまでにがんばってロシア語を勉強して上達させましょう!継続は力なり!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリンへやっと帰国

朝10時までサハリンユジノサハリンスク空港は閉鎖され、オープンしてすぐにサハリンから函館便が飛び、折り返し便でロシア人ツアー客は帰国しました。ツアー客も私もひと安心。これに懲りずにまた来日して欲しいです。

4月からは稚内ーサハリンコルサコフを結ぶフェリーが運航します。今年もたくさんのロシア人ツアー客が来道することを祈ります。

現在今年の新しいロシア語パンフレットを作成中です。お店の広告や紹介も載せたいと思いますので希望の方は早めにご連絡ください。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシアへ帰国できないツアー客

本日も函館ーサハリン便は欠航です。サハリンユジノサハリンスク空港は一日中閉鎖でした。ロシア人ツアー客はまたまた足止め。函館市内をブラブラ歩いていたことでしょう。

ユジノサハリンスク空港が閉鎖されている限り、他のルートでサハリンへ帰国できません。船もないし、他の国際空港もないですから。ひたすらオープンを待つのみです。

明日は飛んでください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サハリン空港閉鎖

また冬に逆戻りですね~。悪天候のためサハリン、ユジノサハリンスク空港は閉鎖されました。函館ーサハリン便は欠航です。

本日帰国予定のロシア人ツアー客は足止め。函館市内のホテルを手配しました。「函館は初めてなのでどこに行けばよいかわからない。観光地はどこだ?」「今タクシーに乗ったけど言葉通じないからちょっとかわるね」「子供のおもちゃはどこで買える?」「近くのスキー場はないの?」「温泉に行きたいのだけど」と30分おきにそれぞれのツアー客から電話がかかってきました。

こんな時のために函館でもロシア人ガイドを手配しておけば良かった。。。。明日は無事に飛んでくれることを祈ります。ホントに今年は欠航が多い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアとカザフの超VIPなお話

カザフスタンよりお電話。「マナさん、ピンクのコテージでウオッカも飲みましょう!」と追加です。

「ピンクのコテージを建てて、ウオッカを飲みながらカスピ海のキャビアを食べる」

そのウオッカは大富豪しか入手できない、貴重なウオッカだそうです。

NISEKOリゾートの超VIPロシア人のお話。3月15日、奥様の誕生日に千歳空港に到着し、ジャンボタクシーで二セコリゾートへ。お部屋は15階で羊蹄山が真正面に良く見えるツインルームご指定。

「どうして15階なんですか?」とホテルの予約係から質問されたので、「15日が奥様の誕生日なんです」とお知らせすると「すてきな旦那様ですね」と。

旦那様はスノーボード三昧、奥様は午前中はプライベートスキーレッスンの毎日。来週一度ロシアに帰国して、来月の桜の時期に東京ー京都ー奈良のご旅行です。夏はハワイ、秋にはエジプトへ旅行だそうです。旦那様は私が今までお会いしたロシア人の中でもかなりの紳士です。とても上品な言葉使いです。自分が話すロシア語が申し訳なくて。。。恥ずかしくなりました・・・・またお会いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアからバラが届いた~

06-03-18_16-33 ロシアから「女性の日」のカードが届きました~。

たくさんバラのついたカードです。中を開くと一面バラの絵です。たて30cmよこ20cmのおおきなカードです。

日本では3月8日は誰もお祝いしてくれないけど、ロシアに行ったらモテモテ?かしら! 来年はこの日に合わせてロシア出張でもしようか!

ロシアから日本語学校に入学した生徒さんと会いました。朝と夕飯付きの女子学生寮に住んでいます。日本料理は美味しいけれど、納豆だけは食べられないそうです。それと門限があるのが気に入らないそうです。先日はクラブで遊んで門限に遅れてしまいホテルに泊まったそうです。とても日本生活(勉強含め)を楽しんでいるようで安心しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアからサクラツアー

今年は桜の開花が早いらしい。モスクワからの「サクラお花見ツアー」も来週から始る。ツアー客はまずは東京でお花見をして、京都や奈良へ向かう。この時期は天気も良く、楽しいツアーになることでしょう。

さて、北海道への「サクラお花見ツアー」というと、4月下旬から5月にかけてです。ちょうど日本の連休と重なってしまうので、駆け足ツアーになりそうです。これから楽しいツアーを企画します。お楽しみに~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カザフスタン共和国とビジネス展開

中央アジアの国、カザフスタン共和国との商談がたくさんくるようになりました。

「マナさん、ピンクのコテージを建てましょう!!!!」

どういう意味?と聞くと、カスピ海に面するリゾート地にはホワイト、イエロー、クリーム、モスグリーンなどのカラフルなコテージが並んでいるそうです。大富豪の別荘です!バルコニーに座り、カスピ海を眺め、カスピ海産のキャビアを食べる。「最高のステイタス」

今、カザフスタンではビジネスに成功して大金持ちになることをこのように表現するそうです。

カザフスタンはカスピ海油田開発が進みオイルマネーがとてもとても潤っています。

ソ連が崩壊して15年、急速な経済成長を遂げています。お金はある。あとはビジネスアイディアとネットワークでしょう。カザフスタンのニューリーダー達も今がビックチャンスだと確信しているようです。

「ピンクのコテージ」を目指して私も彼らの良きパートナーになれるようにがんばろうと思います! いつかキャビアを食べに行くことを目標に!!!!!!!!!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアへコンテナ輸出

関西からコンテナでロシアへパーツを輸出するので、大手総合物流会社へおじゃましました。応接室にはでかーーい世界地図がはってあってグローバル。

コンテナは、というと、最短・最良ルートを調査していただいています。大阪か神戸から中国経由か韓国経由かロシア直か。今回はロシア内陸及び中央アジア向けです。ルートが確定しだいコンテナはいざロシア&中央アジア諸国へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアからお便り

去年の夏に、当社のツアーでモスクワから札幌に来たお客さんが、桜の季節に京都&奈良の旅に行きたいと連絡がきました。日本が大変気に入ったようです。ネットでホテルやルートを研究しているそうです。旅行に行く前のルートつくりって楽しいですよね。おすすめの観光地を教えて~と言われてたので、たくさん資料を送付しました。

仕事は。。。いっぱいいっぱい。ウラジオストックのバイヤーから中古車の見積もり依頼がきていて、相場なんてわからないので情報誌を送っちゃいました。カザフスタンからは相変わらず重機の問い合わせで、「値段まだか~」と電話まできちゃった。モスクワの旅行会社からロシア語ガイドの派遣依頼受けて、人材さがしてます。ロシアから子供用品の問い合わせがあったが、希望品がよくわからず???状態。ロシアのブティックから着物を送って下さい、とメールがきていた。で、どんな着物なのよ?「ハチミツ輸入はできる?」うーん、調べておく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスクのミニギャラリー

06-03-13_10-47  みなさん、ご存知ですか。

JR札幌駅から北口にある札幌エルプラザに通じる地下道に札幌市と姉妹都市を紹介したミニギャラリーがあります。

写真は姉妹都市のひとつ、ロシアノボシビルスク市のギャラリーです。

ノボシビルスクの劇場や駅、街の風景などが紹介されています。

今年はノボシビルスクからのツアー客の06-03-13_10-46受け入れも検討しています。

姉妹都市提携しているのですから、民間交流がもっともっと活発になるといいなと思っています。それに伴い、経済交流も発展していくのではないでしょうか。

日本に興味を持っているバブリーなビジネスマン、ニューリッチ、小金もちロシア人がたくさんいるのですから・・・何か新しい事業展開ができるかも!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアへ輸出手続き

貿易は輸入より輸出の方が、手続きが面倒でややこしい、と感じている今日この頃です。

海産物の輸入の場合、日本の港にロシア船が入港すると船舶代理店の担当者が入船して書類等の手続きをしてくれます。税関から許可が降りると、フォークリフトが船に横付けされて、海産物を下ろします。その後、セリにかけるのですが。

私の仕事は、海産物の選別とセリの立会い&ロシア船へ支払い、セリ値が高ければ船員達の労をねぎらい、船内でパーティーひらくこと。かな。

代理店に「明日○○というロシア船が入港しますのでよろしくお願いしまーす」と電話するだけで、全ての輸入業務が流れ作業で行われます。

輸出はこんなに簡単ではありません。コンテナ輸出はもちろん、小額&少量の輸出品でも、内容を詳細に記載して、成分も分析して、ほんの少しでも危険物があれば別申請になるし、輸出規制品や届出や許可などなど。

一応、通関士の資格はあるのですが、最近は勉強していないので、専門的なことはさっぱりわかりません。実務経験ないと使えないです。せっかくの国家資格なのに・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアも仕事たまってた?!

ロシアは祝日明けで仕事がたまっていたのか、、、昨日の朝から問い合わせが殺到。対応に追われた一日です。

4月からは「お花見ツアー」が始ります。と言っても北海道ではなくて本州滞在。当社のネームが「さくらツアー」なのでさくらの時期のツアーと間違って問い合わせもきます。

メインは「モスクワー東京ー京都ー奈良ー箱根ー東京ーモスクワ」7泊8日コースです。観光地盛りだくさんです。なぜか、「上野動物園」もコースにはいってます。

06-03-10_17-39 10個のマトリョーシュカです。前列左から3つ目の人形はリンゴの色が塗り忘れられています。

でも、10個は珍しいので大切に飾ってありまーす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシアは休日(国際婦人DAY)

男性は花束抱えて。女性は着飾って。ロシアは休日「国際婦人DAY」です。

本日、ロシアからのビジネスメールは1通もなく、そのかわり花束付きのメールがきていました。これが本物だったら、、、我家はお花で埋めつくされる!

06-03-07_20-56 ロシア文化に親しむ会顧問、福島大学山崎教授から「楽しいロシア語散歩」が送られてきました。

ロシア文化に親しむ会の会員の方には会報と一緒に送付いたします。

内容は、ロシアの童話、おとぎ話を和訳して説明が加えられています。大変興味深い冊子です。

ご希望の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。当社から送付いたします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

プーチンよりご褒美

ロシアで、プーチン大統領がトリノ五輪のロシア選手団と会談している映像が流れました。メダリストにご褒美です。男性には「ランドクルーザー」女性には「レクサス」です。どちらも憧れのトヨタ車です。プーチンさん、日本が好きですね~。

明日、3月8日(水)は国際婦人ディー、ロシアでは「女性の日」で祝日です。

今日から2連休という会社も多いらしい。昨日メールで「当社は明日から2日間お休みです」という連絡が数社からきていました。もちろん、日本大使館&総領事館も8日はお休みです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ロシアビジネス仲介します。

一日中、お仕事モードでフル回転。。。。

ロシアからツアーの問い合わせにせっせと回答し、旅行代理店とツアー企画の打ち合わせ、大阪の通関業者と中古車ハーフカットのコンテナ輸出手続きのご相談。燃料値上げで運賃もUP↑ちょっときびしぃ~。

ロシアからパーツのオーダーがたまっていたので和訳して業者に流す、が・・・タイヤのサイズがわからずロシアに再度問い合わせ。

ロシアと中央アジアから重機の問い合わせも増えてきて、テンテコマイ。

「重機の取引してくれる業者さんを探していまーーーす」

「日本食の食材を輸出してくれる業者さん探していまーーーす」

「木材買ってくれる業者さん探していまーーーす」

「建設機械を輸出してくれる業者さん探していまーーーす」

お心当たりがありましたら是非ご連絡ください。ロシアは今バブルです!お金あまってますよ~。ロシアビジネス始めるなら今がチャンス!!!お手伝いします。。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

我が家のボルシチできました!

06-03-05_16-40自称「 きのこ博士」でロシア文化に親しむ会の会員、湯澤氏の別荘で収穫したビーツをいただきました。

本日、札幌パークホテルで開催された「札幌きのこの会20周年記念パーティー」に参加されたそうです。

久しぶりでしたのでパークホテルまで会いに行きました。

相変わらずダンディーな湯澤さんでした。いもと、たけのこもいただきました。

06-03-05_17-35夕食はもちろん、ボルシチを作りました。

牛肉グツグツ煮込んで、野菜たっぷり入れて、ハイ、出来上がり!

先日の「ロシア料理講習会」で試食したボルシチよりも味は薄かった。ビーツがまだまだあるので来週も挑戦しよう~。

本日は一言もロシア語話さなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

スキーツアーFrom ロシア

「スキー場のクローズはいつですか?」とロシアから質問されました。最近は暖かく雪も少ないので今年のスキーシーズンはもう終わりに近づいている?

今月からは春スキー料金になるので格安でスキーツアーが企画できます。3月下旬に団体ツアーを予定しています。

3月26日のサハリンー千歳便が今期最後のスキーツアーかもしれないですぅ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我が家のマトリョーシュカ

06-03-03_20-34 本日はひな祭り。耳の日。

我が家にあるマトリョーシュカの三人官女ですぅ。

この時期にくるロシア人ツアー客には必ず「ひなまつり」の歴史や人形のことを説明します。

最後に「ひな人形を3月3日間際に飾ったり、ひな祭りが終わってもいつまでも片付けないと、娘の婚期が遅れると言われています」と説明すると、

ロシア人は「じゃぁ、片付けなければずぅーっとお嫁にいけないね」「親はわざと片付けないで娘にそばにいて欲しいかもね」「遅れても結婚できるの?」「さっさと片付けたのにお嫁にいけない人はいる?」とかいろいろ楽しい話でもりあがります。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ピロシキ&ボルシチ

06-03-02_15-27 本日、札幌市北区、北区民センターで「ロシア料理講習会」が開催されました。

ロシア語サークルの主催です。ロシア語やロシア料理に興味のある方が20人ほど参加していました。

ピロシキの生地から作り始めて、中にひき肉やポテトをいれて、オーブンで焼きました。

ボルシチは、スビョークラ(赤カブ)を千切りにして牛肉と煮込みました。赤くなったスープの中に野菜をたっぷり入れてさら06-03-02_15-26に煮込みました。グツグツ、、ほら、できあがり!

食べる時に、スメタナ(サワークリーム)をかけて、召し上がれ!オーチンフクースナ!(とても美味しい~)

たくさん食べてきました~。さて、家でも挑戦しようかな!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシア人送迎の帰り、事故に遭遇

06-03-01_11-00 ロシア人のツアー客の見送りに千歳空港へ。サハリンからの到着便が1時間以上の遅れのため、出発も遅れました。

写真は国際線到着ロビーです。

エアポートライナーで札幌へ帰る際に人身事故トラブルに巻き込まれました~。

「あと4分で札幌駅に到着いたします」というアナウンスのあと、「キキーッ」という急ブレーキ。

反対方向の江別行普通列車がJR苗穂駅で人をはねたのです。この事故のせいで、列車に1時間も閉じ込められました。線路上に停車したので降りることもできず、警察と監視の調査が終了し安全が確認されるまでひたすら列車内で待つのみでした。

JRの車掌さんは一つずつの車両をまわり、丁寧に説明していました。「約1時間くらいで発車できるでしょう」という言葉とおり、ぴったり1時間おくれで札幌駅に到着できました。

車内では、携帯で遅延の連絡をする人、メールする人、寝る人、弁当食べる人・・・

何が起こるか、どんなトラブルに巻き込まれるかわからないですね・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« февраля 2006 | Main | апреля 2006 »