« 札幌&ノボシビルスク | Main | シベリアのチュメニより »

ロシア語パンフレット

札幌経由で東京へいくロシア人ツアー客。東京の宿泊先ホテルのパンフレットを手配すると、なんとロシア語のパンフレットがあった。さすが東京!と感激した。

札幌のホテルもロシア語版を用意してほしい。カラー写真付の立派なパンフでなくてもよい。せめて、ホテルの地図・チェックアウト・レストランの営業時間・国際電話の場所くらいはインフォメーションしてほしい。

ロシア人があまり来ないから必要ない~」と言って作成しないのではなく、「ロシア人にも来てもらえるよう」に作成してくれないかしら。。。。

ホテルだけでなく、観光名所にも言えることだと思います。一応ロシア語版あるけど、とても古い情報だったり間違いだらけも多いです。

外国人観光客誘致をかかげている北海道。もっとサービス向上、お願いします。

|

« 札幌&ノボシビルスク | Main | シベリアのチュメニより »

Comments

マーシャ様
本当にロシア語のパンフは少ないですね。隣国ロシアは隣町です。お隣さんのパンフが無い事には遅れていますね。
国際化とか言っていますが、まだまだ島国なのです。
残念ですね。
でも、北海道開拓の村にはありました。
村内の案内パンフがロシア語でした。そのパンフを手に取りロシアの友達は感激していました。
友好のために頑張りましょう。

Posted by: サハリンマン | 14.09.05 at 8:16

こんにちは。プラザのレナです。
夏にガトーキングダムにいったとき、滑り台の注意書きが中国語とロシア語で(ロシア語だけだったかな?)びっくりしました。そういうことですよね。
ロシアはあのような遊ぶプールが少ないので、人気があるかもしれませんね。

Posted by: レナ | 15.09.05 at 20:44

サハリンマン様。
北海道開拓の村にはロシア語パンフがあるのですが、日本語パンフの説明文番号と対応していないのです。日本語パンフを最新版にしたがロシア語版は古いまま、というのが原因らしい。
いつも番号を直しながら説明しています。
友好のためにガンバリマス!!!!!

Posted by: マーシャ | 15.09.05 at 22:39

レナ様、こんにちは。
ロシア人はガトーキングダムが大好きです。フロントにロシア人がアルバイトしています。ロシア人ツアー客の対応らしいです。
来週も「ロシア人バスツアー」で行きます。(私は行きませんが・・・)

Posted by: マーシャ | 15.09.05 at 22:42

マーシャ様、ガトーキングダムのフロントといえば、私がチュ小学校以来13年に及ぶ付き合いの友人と遊びに行ったとき、フロントで私の大学の留学生がバイトしていてびっくりしました。といえば、おそらく共通の知り合いなのでどなたを示しているかお分かりいただけると思います。あれは、なかなかなどっきりでした。
10月から私の生徒であり友人でもある学生が二人、ノボからやってきます。ぜひ、彼女たちもよろしくお願いしますね!今から会えるのが待ちきれません。例の中国事業も終わったので、ちょっとほっとして迎えたいと思います。
それでは、また。

Posted by: レナ | 20.09.05 at 16:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110553/5930778

Listed below are links to weblogs that reference ロシア語パンフレット:

» 樺太犬は元気です [N45-50]
樺太犬「サハリンドック」が、サハリンから北海道に移住して早3年になります。 サハリン北部のネクラソフカ村に住んでいる「セルゲイ・リュービフ」氏から貰い受けたものです。 リュービフ氏は、現在数少ないサハリンでは、「犬使い・カユルジン」として活躍しています。 今23頭の樺太犬を飼育しています。 漁業を営むリユービフ氏は樺太犬を調教して仕事の手助けをしてもらっています。 夏は海岸での船を引く作業・冬は犬ソリで�... [Read More]

Tracked on 15.09.05 at 8:58

» 休日はシャシリク料理で [N45-50]
シャシリクと呼ばれる焼肉料理はサハリン子の人気メニューの一つです。 ロシア・カフカース地方が本家ですが、今やロシア全土に知名度を挙げています。 元来は羊の肉が使われていますが、サハリンでは豚肉を主に使用しています。 国道や街の沿道では即席のシャシリク屋さんが開店しています。 金属製の長い棒に肉・野菜などを刺して木材で焼き上げます。 注文して10分程度で食べれます。これにコショウやケチャプをつけて食�... [Read More]

Tracked on 23.09.05 at 13:18

« 札幌&ノボシビルスク | Main | シベリアのチュメニより »