« августа 2005 | Main | октября 2005 »

ロシア人の個人旅行

ロシア人のバスツアー、団体ツアーは一段落しました。10月からは個人ツアー・カップルツアーが多くなります。旅行先も様々で、東京、箱根、京都方面や、函館発着ツアーなど、まさに十人十色。手続きは面倒ですが、私もいろいろ勉強になっているのでありがたく受け入れさせていただいてます。

そろそろスキーツアーの準備です。まずはロシア人に北海道のスキー場の良さ、パウダースノーを宣伝しましょう。ロシア極東の旅行会社は新潟経由で長野方面のスキーツアーを企画しています。

「でもね~北海道の方が雪質ベターなんですよ~。本州のスキー場で、雪の上にのっかると、ほらっ、普通は自分の形がくっきりつくでしょう~?でもね~ニセコの雪には残らないんですよ~パウダーですよ~」と宣伝してください。と某旅行会社から教えていただきました。

それはわかるのですが~、ロシア人の場合は価格がネックだと思います。日本に来る半分の金額でヨーロッパへ行けちゃいますから・・・・ガンバロウ!っと。(ひとりごと)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシア人のリクエスト

恋人同士やご夫婦で来日すると、ホテルのダブルルームをリクエストしてくる事が多いです。日本のホテルはシングル&ツインルームが多く、ダブルルームの提供はかなり少ないです。ビジネスホテルではダブルルームがないこともあります。

ロシア人の体型でもゆったり寝れるダブルベットを備えているホテルを探すのは難しいのです。セミダブルベットでは狭いのよ~、ダブルベットの幅が160cmくらいなくては・・・・

絶対にダブル希望のお客様には、ベットのサイズを書き添えてます。すると、「ツインルームに変更して」と言われたり。

日本のダブルベットは日本人サイズですからね~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロシア人とエステ

札幌市内観光ツアーの最後は「ガトーキングダム」です。女性の方はアカスリエステ全身コースを体験していきます。マッサージも気持ちい~い!と大満足してました。

ロシアでは今、エステブームらしいです。(大都市に限りますが)それもかなり高価。月数万円を使うマダムもいるらしい。そーいえば、ロシアからエステ用の化粧品類(マッサージジェルとか)のオーダーがきていたが・・・・・忙しくて、、、、、

ホームエステの器具とか売れるんじゃないかな~とふと思いました。興味のある方ご連絡くださいませ。売り先紹介します。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシア人と参拝

ほとんどのツアーには北海道神宮参拝がはいっている。手水舎で清めてから拝殿へ。拝殿の前では「参拝作法」の見本をみせてから、いざみんなでパンパン。

お賽銭箱の前に横一列に並んでいっせいにパンパン。

20人も横一列に並んだ光景を見て後ろの日本人が驚いてた。警備員さんが近づいてきて「どこから?」「ロシアからです」「本日で賞味期間が切れるお菓子がたくさんあるんだけど持って行く?」「はい、ありがとうございます」

R亭のおいしいお菓子をおみやげにいただきました。ロシア人も喜んでましたー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシアへ中古車

定期船「マリア・ツヴェタエワ」がサハリンへ帰る時は、甲板にたくさんの中古車が積み込まれる。最近は結構高価な車が多いです。TOYOTAのランクルやNISSANサファリ、三菱パジェロ、乗用車も高級なクラウンなどなど・・・

これらの車はみーんな転売ですって。景気が良さそうですね~ロシア!

来月からはロシア極東に中古車運搬専用船が就航するとか。。これからもますますロシアの悪路を日本車が走るのですね~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

時間厳守のロシア人

最近のツアー客は、なかなか時間厳守である。今回の2日間バスツアーでは、5分以上遅れたことはなかったのです。だからほとんどスケジュール通りに移動できて運転手さんも感心していました。特に予約している場所(レストランやガイド付きの観光地など)にピッタリ到着すると「なんだか私たちって、とってもお利口さん!」とうれしくなります。ロシア人の印象がUPしてます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ミスサハリン

当社のツアーにとてもチャーミングな女性がいるなーと思っていたら、なんと 

ミスサハリン でした。大学3年生で、日本語を勉強しているので優勝のご褒美に「日本への旅行」をいただいたそうです。美しいだけではなく、好感度抜群です。話し方もやさしく、お行儀良く、気配りOKで知的です。うまく表現できませんが、「お上品な美しさ」をもっている。。とでも書いておきます。

この仕事はいろいろな方とお会いできて楽しいです。

Mr.リムスキーコルサコフに続くサプライズでした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシア人ツアー2日目

本日は小樽市宗円寺にある「木造五百羅漢像」見学。実は私も初めて行きました。すごーい急な坂を登り、小樽港が見渡せる高台にあります。

05-09-23_09-06同寺の本尊である丈六釈迦如来坐像を囲み、左右に515体の羅漢像が配置されてます。釈迦の弟子達のさまざまな表情、喜怒哀楽を活き活きと表現しています。木造の五百羅漢像が一箇所にご安置されているのは全国でもとても珍しいそうです。

その後、仁木町へりんご&ブドウ狩りに行きました。天気もよく、果物も美味しくみなさん大変満足してくれて、うれしい~。ブドウのあま~い香りが満ちた中でお肉をジュー05-09-23_12-30ジュー焼きました。ぶどうの屋根の下で食べたジンギスカンは最高でした。もぎたてのりんごも甘かったです。。。 

みなさんおみやげにたくさん買っていきました。サハリンで売っているフルーツは中国から輸入していて、あまり美味しくないそうです。

「くだもの狩り」という日本語も面白いと言ってました。「狩る」というロシア語は生物(熊や鹿など)を「狩猟する」時に使うのであって、くだものは「収穫」するものですって。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシア人バスツアー

今日も朝早くから札幌市内観光のバスツアーです。ランチは「S太郎」のバイキングが定番です。焼肉・寿司・そば・サラダ・ケーキ・プリン・ジュース・アイス・コーヒーetc.

「S太郎」にはワタアメ製造機があるのだが、ロシア人はとても面白そうに&美味しそうに食べていた。大さじ一杯のザラメをいれて、ボタンを押すとしろ~いワタがでてきてそれを割り箸でくるくると真剣に巻いている。これも日本文化?の食べ物か?

北海道神宮ではおみくじをひいた。全員のおみくじを通訳するのは大変なので「英語のおみくじひいてくださいね~」と言ったのだが。。。日本語版を持ってきて「訳して!」と頼まれる。ひとりに訳していると私も私も、、、とみんなが日本語版をひいてきちゃった。

ひとりがまちがって中国語版をひいてきた。

05-09-17_11-33「これ訳して!」

「あっ、これは中国語だからわからないわ」

「えっ、漢字だよ、なんで読めないの?」

「あー、同じ漢字でも日本語とはちがうんだよ~」

「えっー、どこがちがうのよ~?おんなじ漢字じゃ~ん」

う~ん、そっかー、ロシア人から見たら漢字は漢字なんだよね。今度から、「日本語版はこちらですよー」と案内しますね。

おみくじに「出産」という項目がある。男性がひいたおみくじにももちろんある。正確に訳してあげました。「出産ー産むが易し」    爆笑してました。。。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

パチンコ文化

ロシア人ツアー客に「なんでこんなにたくさんパチンコ屋があるんだ?」と質問された。ピカピカネオンとミュージックにつられて店内に入ったら、パチンコ屋さんだった。ズラッーと並んだパチンコ台に真剣な顔をした大人が座っている。妙な光景だ。

「これも日本文化のひとつです」と説明したのだが・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ロシア市場

原油高を背景に経済の好調なロシアに、日本企業の進出ラッシュである。先日モスクワ近郊に旭硝子の工場が完成した。6月にトヨタが進出したのも追い風になっている。トヨタだけではない、日産もマツダも進出している。

日本から遠いいモスクワサンクトペテルブルクであるが、隣の国なのである。いざ、私も進出!と行きたいものだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

シベリアのチュメニより

05-09-17_11-26 西シベリアのチュメニ市からのツアー客と北海道神宮に行きました。ちょうど、神前結婚式が行われていて、白無垢姿の花嫁さんに感激していました。「一緒に写真をとりたい」と言ってましたが、残念ながらその機会はありませんでした。。。。ロシアとはまったく異なる厳かな結婚式にジッーと見入ってました。

英語版のおみくじをひいたり、お土産にお守りを買ったり、絵馬にロシア語で願い事を書いてぶらさげてきましたー。なかなかいないですよ~絵馬にロシア語で書く人は・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシア語パンフレット

札幌経由で東京へいくロシア人ツアー客。東京の宿泊先ホテルのパンフレットを手配すると、なんとロシア語のパンフレットがあった。さすが東京!と感激した。

札幌のホテルもロシア語版を用意してほしい。カラー写真付の立派なパンフでなくてもよい。せめて、ホテルの地図・チェックアウト・レストランの営業時間・国際電話の場所くらいはインフォメーションしてほしい。

ロシア人があまり来ないから必要ない~」と言って作成しないのではなく、「ロシア人にも来てもらえるよう」に作成してくれないかしら。。。。

ホテルだけでなく、観光名所にも言えることだと思います。一応ロシア語版あるけど、とても古い情報だったり間違いだらけも多いです。

外国人観光客誘致をかかげている北海道。もっとサービス向上、お願いします。

| | Comments (5) | TrackBack (2)

札幌&ノボシビルスク

本日、「札幌・ノボシビルスク姉妹都市提携15周年記念式典・祝賀会」に参加しました。

ノボシビルスク市からはウラジーミル・ゴロデン05-09-12_19-09スキー市長をはじめ5人の訪問団です。

上田札幌市長の挨拶から始まった式典、その後祝賀会。琴や太鼓の演奏もあり、参加者との歓談もにぎやかでした。

この15年、姉妹都市交流もいろいろな分野で行われてきました。今後とも幅広い分野での友好交流が発展することを期待しています。

いつか、ノボシビルスクと日本(できれば札幌)の直行便ができればいいですなー、とお偉い方がお話してました。・・・・・・同感です。ノボシビルスクからのツアー客を受け入れしてみたいです。いまは、ソウル経由や新潟経由での受け入れ計画なのでロシア側もいまいち反応がニブイ。15周年を機会にもっともっと「日本熱」が燃え上がり!「日本に行きたーい」ノボシビルスク市民が増えるといいなー。。。。

余談ですが、、、ノボシビルスクに夏に1ヶ月ほど滞在したのですが、そのとき学生たちが「マナ、ウミに行こう!」と誘いに来た。「エッ!海?」ここはロシアのド真ん中、海なんてないじゃん!何言ってるの?。。。。。。。彼らは郊外の大きな湖のことを「海」と呼んでいた。

見たことのない「海」への憧れなのか? 学生たちがとても可愛く思えた。。。。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ロシア人と回転寿司

ロシア人と回転寿司を食べに行くと、彼らの反応はふたつに分かれる。

寿司を握っている職人の手元をジッーと興味深そうに見る人と「見ると食べられない」と言って目をそむける人。

前者ははじめて見る日本の食文化に興味深々。後者は、これから食べようとしているお寿司が素手でギュゥーと握られることに不快感を覚えるのである。後者の人も「おいしい!」と言って食べるのであるが・・・・

日本では、「いま、新鮮なネタで握ってます」を目の前で見せること、それを食することが贅沢であり、美味しい!のであるが、ロシアではそのような食文化はない。食事の用意をしているところは見せないのがマナーであるのだから・・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ロシアで好感度1位!

ロシアの民間調査機関の調べによると、ロシア人が日本に対して抱く好感度が、対EU、対米、対中国を抑えて最高となったそうだ。北方四島返還には87%が反対だそうだ。

疑問に思うことがある。ロシア人は日本の位置、北方領土とは?を正確に答えられるのだろうか?まー、日本がどこにあるのかはわかるかも知れないが、北方領土(南クリル諸島)を知っているのだろうか?・・・・・

私がモスクワに留学していた時、アフリカのシエラレオネ共和国とガンビア共和国から来ていた学生は「日本」を知らなかった。トーゴ共和国の学生は「日本は知っている」と言って世界地図の「中国」を指差した。かなりのカルチャーショックだった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

サハリンの電話事情

サハリン州のパレチェという小さな村の魚類学研究所に電話をするのだが、なかなかつながらない。受話器を持ちプッシュボタンを押すこと数十回・・・やっとつながっても途中でブツッと切れてしまう。あららららっ。

今度は別の用事でウラジオストックの知人の携帯にかけた。「ブーブー」の呼び出し音の後に、「アロー」(もしもしのこと)と返事が。

都市と田舎ではかなり電話事情もちがうのである。

そういえば、北方領土の国後島の南側は日本の電波が届いているから、「家族間無料通話」割引が使えるのですよね。(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

宇宙人!!!

「宇宙人は見つかったのかい?」とロシア人が聞いてきた。

「何のこと???」

つい最近、ガードレールに三角の金属破片が刺さっているのが全国各地で発見され、けが人まででたニュースをご存知ですか? このミステリーなニュースがロシアで報道されたのですが、最後のオチが・・・

「これは宇宙人の忘れ物のようです・・・・」 ですって。

ロシア人って「宇宙」が好きなのね。。。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« августа 2005 | Main | октября 2005 »