極寒のノボシビルスク

Img_2071ノボシビルスク訪問記①~⑳をせっせとUPしている間に、シベリアは極寒の時期となっていたsnow
2018年12月5日のノボシビルスクの気温は
マイナス34度ですbearing
ちなみに、札幌はプラス5度、東京はプラス19度です。
毎日のように、ノボシビルスクとSKYPEで業務連絡をしているのですが、まず最初に話すのは
「今日はマイナス30度でぇーす」とノボシビルスクのパートナーが言うと
アタシは
「こちらはプラス3度でぇ~すup」と言い返すのが常になってます。

ノボシビルスクトムスクの滞在している間にたくさんの人とネットワークを作り、「次のステップ」「次の事業」「次のビジネス」「次の収益」「次の楽しみ」・・・・

そう、常に「次」を考え、アンテナを張り巡らせてきましたsign03
それが、順調に進んでいるhappy01
なので。。。忙しいsweat01

次にやりたいことがある、次のアイディアがある。
って言ってても、行動しなくては始まらないのよ。

来年の2月か3月にはまたシベリアへ行かなくてはならないかもairplane
あーーーー、寒そうだぁ~snow
今月は、来月のNPO法人札幌ノボシビルスク協会の総会へ向けての準備をしなくてはならないです。
来年度の事業についてもまとめなくては。

事業年度開始が1月からですので、ご入会は1月がおすすめです。
ご希望の方には活動報告のパンフレットを送付いたしますのでご連絡下さい。
メールは nposapporo@gmail.com
個人の方の入会金は1000円、年会費3000円です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク訪問記⑳ 最終日・レセプション

Photoノボシビルスク訪問記は⑳で最後です。
クライマックスは
日本外務省主催のレセプションです。


ロシア日本大使館から公使がお見えになりました。
ノボシビルスクのローコチ市長、
ノボシビルスク州知事代理
ノボシビルスク市長・元ノボシビルスク州知事のインディノク氏

日本との交流団体のトップやノボシビルスク州政府経済部長など、たくさんのお偉い方々がお見えになりましたsign03
Photo_3訪問団は全員盛装。
ほぼみなさん着物ですshine
男性陣は背広です。

入り口で着物女子軍団が一列に並び、ローコチ市長をお出迎えですhappy01

アタシはドキドキheart02しながらロシア語で挨拶をしておみやげを渡しましたpresent
ローコチ市長、威厳たっぷりのオーラがみなぎってましたshine



Photo_42018年10月13日(土)
ノボシビルスク
シベリア文化センターにて
17:00 日本フェスティバルのレセプション開催

ローコチ市長の挨拶

公使がノボシビルスクへお越しいただいたことへの感謝の意と、交流事業の重要性を語り、さらに、秋元市長へ「近いうちにお会いしましょう」というメッセージをお預かりしました。


Photo_5
インディノク氏の挨拶

1990年(平成2年)に当時の板垣札幌市長と姉妹都市提携に調印した当時のノボシビルスク市長です。
姉妹都市提携に至るまでの苦労話や板垣札幌市長や桂札幌市長との思い出話をしてくださいました。

市長のあと、ノボシビルスク州知事も歴任した立派なスゴイ人なんですsign03
Photo_6
青いドレスがとても良く似合うステキな女性はノボシビルスク市文化局長のアンナさんですheart04

去年、表敬訪問して仲良しになりました。
今年もまたお会いできたことを喜び、また来年会うことを固く誓い合いました!

お偉い人の挨拶が終わって、立食に入る前に、乾杯の挨拶をなんと、、、、NPO法人札幌ノボシビルスク協会理事長の長谷川真奈がやることになりました。

へたっぴーなロシア語を堂々と話すことができるのがアタシの特技(笑)
自分で言うのもなんですが。。。立派にやりとげましたscissorssign03
Photo_7
挨拶で強調したのは、
「何事も継続が大切!」ということです。

我々の前身である、札幌ノボシビルスク友好交流協会(千葉裕子会長)が14年間継続して交流を続けてくれたことにより、NPO法人札幌ノボシビルスク協会が引き継ぐことができ、現在に至っています。

継続してきたからこそ、今回の当協会の事業が日本外務省の認定事業になり、こーしてレセプションを開催してもらえるのですhappy01
全てのみなさんに感謝をして、今後の交流の継続、日本とロシアの未来のために、乾杯wine

Photo_8
たくさんおいしい料理が並んでいたのですが、食べてる暇がないくらい、ネットワーク拡大に奔走。

いっぱいお話をして信頼関係を築く。
大事よrock

理解しあって次のステップへ。
大事よrock




Photo_9
最終日はホントに忙しかったsweat01
朝8時にホテルをチェックアウトして、シベリア文化センターに集合。

生け花チームはデモンストレーションとワークショップtulip
観光チームはアカデミガラドク見学bus
ビジネスマナーも午後から開催。
アタシはシベリアビジネスの最終確認で企業訪問。
レセプションの前に着物を着て、(着付けに小一時間はかかります)、不要なものはスーツケースにしまい、すぐに空港に迎えるようにしておく。
19:00 レセプション終了
着物を脱ぎ、スーツケースに詰め込む。

20:00 シベリア文化センターから貸切バスbusで空港へ向かう。
見送りに第4ギムナジウム学校の副校長と音楽の先生が来てくれた。
小雨が降る中、手を振って見送ってくれたpaper
20:40 空港着
搭乗手続きをする。
シベリア文化センターのスタッフとお別れのハグ。
泣き出す人もcrying。。。
たくさんお世話になり誠にありがとうございます。
完璧なサポートでした。
すばらしいパートナーですsign03
23:20 飛行機へairplane

ドタバタでしたが、訪問団のみなさんはてきぱきと行動しました。
本当にみなさん、お疲れ様でした。
深夜便nightなので機内泊です。
眠い。。。
深夜1:00 機内食がでる。
眠いが食べる。
4:00 おやつがでる。
眠いが食べる。
朝8:00 成田空港到着
直行便!
眠いが降りる。
自動入国ゲート(顔認証)を通り、日本に帰国。
スタンプ希望の人には職員が押してくれます。
8:30 解散!
今回の事業も大成功に終わりました。
ご協力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。
そして、来年度も交流事業は続きます。
継続が大切ですから!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク訪問記⑲ オペラバレエ劇場

Photo芸術大国ロシア

世界トップレベルのロシアバレエをロシア最大のオペラバレエ劇場で観るsign03

極上の空間で非日常を体験する。
なんて贅沢なんでしょう~shineflairheart

座席は前から2列目です。

2列目をずらっーと22名分確保しました。
日本人がずらっーと座ります。

3ケ月まえにインターネットticketで購入しました。
Photo_2
ロシアのバレエダンサーの完成度はハンパないです。
オーケストラも世界最高峰です。notes

演目は「ロミオとジュリエット」

言葉により表現がなく、すべてを身体で表現するバレエ。
美しいダンサーたちの華麗な舞踊と表現力に観客は別世界に引き込まれていきます。

もちろん最後はスタンディングオベーション

素晴しいの一言ですよ。
五感で感じるロシアの芸術。heart04
Photo_4


劇場には少し早めに行って、場内を探検してみましょう。
豪華な内装、立派な装飾の数々を眺めてみましょう。
衣装も展示されています。
劇場の雰囲気を感じて下さい。
ドレスコードはありませんが、ロシア人達はスーツやドレス、華やかに着飾っておしゃれをしてきますkissmark
美しいロシア人を観察するのも楽しいです。
日本ではできない体験ですから。
Photo_5

満席でした。
早めにチケットを購入しておいて大正解でした。

演目によってチケットの値段は異なりますが、一番安い席で700ルーブルです。
(1200円)
1階の前の方の席は
2000~3500ルーブル
(3400~6000円)

とても安いですsign01
Photo_6

夕方6時半のオペラバレエ劇場、正面入り口。

さて、話は変わりますが・・・
今日、乗ったタクシーの話car

小雨sprinkleが降ってきたので、ショッピングセンター前のタクシー乗り場に止まっていたタクシーに乗りました。

驚くほど古いTOYOTAのカローラでした。
ドライバーと世間話。
この車はもう20年以上乗っていて、すでに24万キロ走っている。
フロントガラスはヒビだらけで、後部座席のドアは閉まりが悪いし、シートベルトも切れかかっているcoldsweats01
ドライバーはTOYOTAをめっちゃほめている。
20年乗っても一度も故障していないって。
TOYOTAは素晴らしい、日本は優秀だ、日本人は賢い。

また話は変わりますが。。
ロシアで気を付けたいこと、それは「段差」
日本では階段の1段1段の高さって同じですよね。
ロシアはそーでもない。
トントントンと同じ調子で階段を上がっていく、最後の一段、、が低い。。
アレッ、、、とコケてしますbearing
逆バーションもあります。
最初の1段目が高い、、、と思ったら、次の段からは低かったり。。。
慣れるまでちょっと辛い。
ロシアはどこにでも「段差」がある。
ロシア人は慣れているのですが、バリアフリーが多い日本で生活している我々にとってはキツイです。
「エッ、こんなとこにあったか、段差・・・sweat02
コケないように気を付けましょう。

車いす用スロープなどもあまりないし、荷物運ぶスロープもあることはあるが幅が狭かったり角度が急すぎて容易に使用できない。

なので、いつも訪問団のみなさんに
「はい、みなさん、足元に気を付けて下さいねぇ~」と叫んでいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク訪問記⑱ ワークショップ

Photo「日本フェスティバルinシベリア」の最終日ですsign03
たくさんのスケジュールを全力でこなしてきた訪問団のみなさん、最終日も背筋をピーンと伸ばし、笑顔happy01を絶やさず、感性を研ぎ澄まし、素晴らしい芸術作品を仕上げ、さらに、ロシア人達との国際交流を盛り上げて下さいましたsign01
訪問団のみなさんには感謝heart04&感謝heart04です。
本日の会場は
シベリア北海道文化センター」です。
午前中は生け花のワークショップ。tulip
Photo_2
事前に参加者を募集したところ、定員をはるかにオーバーするほどの人気です。
ワークショップ参加者+見学者ということで多数の方が多目的ホールに集合しました。
ロシア人ってお花が大好きなんです。
日本の文化である生け花についてもとても興味があるんです。
生け花をやってみたい、学びたいというロシア人はおりますが、教える人がいない。
そーなんですよねぇ~、先生がいないんですもん、学べないweep
Photo_3
生け花の材料はシベリアでもそろいます。
キレイはお花はたくさんあるし、花器はどんなものでも利用できるでしょう。
極端に言うとペットボトルだっていいのですから。

生け花講師達が今回の事業(シベリアで生け花ワークショップをやること)で一番心配していたのは
「お花はそろうのか、どんなお花があるのか」でした。
Photo_4
初日にお花の市場(卸市場)へ行って、自分の目で確かめてみて、すっかり安心しました。
ノボシビルスクにはたくさんのお花がありました。
オーダーもできました。
なんでもそろいました。
シベリアで生け花文化を伝えるために足りないものは。。。
指導者なんです。



Photo_6
ワークショップtulip
まずはお手本を見せました。
生け花の基本を説明しました。
各テーブルに4~5名のロシア人達が集まり、師範が一人ついて全員に教えます。
師範の手元をジッ―とみる参加者達。





Photo_7
ロシア人って結構素直らしい。
基本に従ってその通りにやろうとするそうです。

ある師範の方が、フランスでワークショップをやった時、基本を説明したのに、まったく無視して、自分の好きなように活けたそうです。
「この方がキレイだと思う」という理由だそうです。

ロシア人は一応、一番最初なので基本通りにやっているって感じかなぁ~。
慣れてきたらきっと、自己流がでてくるんだろうなぁ~。
それはそれでいいらしい。
自分の感性で作り上げる芸術作品だから。
Photo_8

生け花は特別なものではない。
難しく考えなくてもいい。
身近にあるもの使ってもいいのだから。
ということで、
シベリア北海道文化センターの庭の木の枝や葉を利用して、作品を作ってくれましたbud






Photo_9
シベリアの葉と祭りのうちわ
ワークショップを通して感じたことは
生け花は言葉を超えたコミュニケーションツールであるということ。
生け花だけではなく、書道や絵画などもそうです。
文化交流はお互いを理解するうえでとても重要な役割があります。
交流って大切ですよねsign01
信頼関係を築くにはお互いが理解しあわなければね。
ビジネスだってそうだもん。
良きパートナーになるためには信頼が大事よheart04
Photo_10
そんなことを思いながら、今回の事業の成功をかみしめていました。
最終日はとても長い1日となりました。
最終日の最後は
外務省主催のレセプションです。
次回書きますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノボシビルスク訪問記⑰ おみやげ&ホフロマ塗

Photo_11トムスクにて「ホフロマ塗」のワークショップ。

ロシアのスプーン」といえば、このホフロマ塗。
木製のスプーン、ロシアの伝統工芸品ですcrown
黒の下地に赤と金色で絵を書きます。
草木やイチゴの木の実などのモチーフが描かれているのが多いです。
スプーンの他にも、カップやお盆、お皿などがあります。
スプーンはもちろんそのままスプーンとして使えますし、楽器としても使用されます。
スプーンを二つ、三つ使って、音を出します。
Photo_12
最初に先生から説明を聞きます。

どのように描くとキレイか、コツを教えてもらっていざ挑戦paper

どんなイラストを描こうか?
見本シートもあるので、それをまねしてもいいかもね、とか相談している方も。
Photo_13みなさん、真剣に取り組んでいます。

先生曰く
みなさん、とても筆使いが上手!

そうですよねー、
日本人は子供のころから筆には慣れていますので、抵抗感は全くない。

筆を使う文化がない国の方だと、まったくできないそうです。
Photo_15
だんだんと出来上がってきましたheart04
乾くまで少し時間がかかりますので、ドライヤーでブゥ―――ンと乾かしました。
スプーンの内側には今日の日付を書いて、手作りの自分のためのおみやげ!

すてきな体験happy01

思い出に残るワークショップlovely
Photo_17
1階にはおみやげがたくさん売っています。
ロシアの民芸品がいっぱい。

いろいろな大きさのマトリョーシカや、琥珀の装飾品、食器やぬいぐるみまで。

さて、おみやげの話。
おみやげって何がい~い?
とよく聞かれます。
配る相手、値段によって違うのですが、
ロシアと言えば、、、、、
誰もが思いつくのが
ウオッカとかマトリョーシカかな。
Photo_18
手軽に、となると
おすすめは
アリョンカのチョコレート
板チョコ1枚だと100gもあるし、重たいので、ミニチョコはどうでしょう?
これだと1枚15g
みーんなに、かるぅ~く配れるでしょう。
Photo_19







ノボシビルスク限定チョコレートも
なかなか良い。
だって、ノボシビルスクで製造されたチョコレートだからモスクワとかでは売っていない、はず。

イラストもノボシビルスクのシンボルであるオペラバレエ劇場ですからnotes
限定モノですよぉ~。
この板チョコは1枚85gです。
Photo_21
松の実もいいですよ。
おいしい
身体によい
お手軽
ノボシビルスクの中央市場で購入しました。
小袋パッケージもあります。
Photo_22
グジェリ焼のティーカップcafe
白地に藍色の柄
これもロシア伝統の陶器
とてもキレイですよshine
Photo_23
Photo_24
たまたま見つけた。
AURAのブランド店にありました。
Tシャツなのに品質が良い。
良すぎる。
こんな高価なTシャツは初めて買った。
家族へのおみやげにしました。
パーカーもあったのですが、、というか
パーカーも店員に勧められたのですが。。。
絶対に日本では着られないだろう~と思った。

なので、Tシャツだけ買った。
Photo_25
シベリア文化センターのオリジナルのネックピローです。
訪問団全員にプレゼントしてくれましたhappy01
おかげで帰りの飛行機airplaneの中で、ぐっすり眠れましたsleepy(笑)
その他。。。
ロシアの紅茶もいいですよ、いろいろなフレーバーティーがあります。
チョコレートも「コルクノフ」や「ババエフスキー」というブランドのものもよい。
スーパーでかわいい包み紙のミニチョコレートを選んで量り売りで買うのも楽しいです。
Photo_26

こんな感じで売っています。
自分で同じ値段のチョコレートをビニール袋にいれて、計ります。
値段シールがでてくるので、それを貼ってレジで精算するシステム。
Photo_27
Photo_28
板チョコもいっぱい。
 
 
アリョンカの板チョコ1枚は
 
65~85ルーブルです。
 
(110~150円)
 
 
スーパーによって値段は違います。
 
安いところでは60ルーブルでした。






空港内のおみやげやさん。
 
チェブラーシカがずらっーと並んでいます。
種類はたくさんあるのでいいのですが、値段はめちゃくちゃ高いです。
3000円以上しますbearing
でも入手困難なので仕方ないかもしれません。
チョコレートはなんと、スーパーの6倍の値段でした。
1枚360ルーブル(620円)
えっーーーーーー!
ルーブルが余ってしまったから使ってしまおう~という方は良いですがね。
1枚620円って。。。。。
暴利だ。

Duty Free もありますので、飛行機に乗る前に買えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«ノボシビルスク訪問記⑯ トムスクでの事業